ストレスはさまざまな症状を引き起こす厄介なものですが、女性にとって気になる肌荒れの原因にもなります。
強いストレスを受けると、ホルモンバランスが乱れ、ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールが分泌されます。
また、ストレスが免疫力を低下させ、血液循環にも悪影響を及ぼします。
これは、肌に十分な栄養分が届かなくなり、肌荒れを引き起こすことになります。
このようなことから、肌荒れを防ぐには、原因となるストレスを解消することが必要です。
そのためには生活のリズムを整え、バランスの良い食事を心掛け、日中はできるだけ日光にあたったり、ウォーキングなどの運動をして体に適度な刺激を与えたりすることが大切です。
また、半身浴なども副交感神経を刺激して、リラックス効果を上げると言われています。
その他にも、ストレス解消成分と言われるセロトニンという物質をたくさん摂るようにすることも効果的でしょう。
セロトニンを作るには、たんぱく質に含まれるトリプトファンという成分が必要ですが、これは牛乳、チーズなどの乳製品や、納豆などの豆類や肉類などに多く含まれています。
これらの食品をバランス良く摂ることが、肌荒れの改善に繋がります。

1illust

ストレスが原因で肌荒れやニキビが起こる?

ストレスが原因で肌荒れやニキビが発生することがあります。
ストレスで肌荒れやニキビができやすいのは、生活環境や職場の変化、人間関係などで悩んでいる時でしょう。
基本的に変化を好まず、現状維持を選択しようとするのが脳の性質です。
環境の変化は、それだけで心身の緊張状態を作り出してしまうため、ストレスを引き起こし、結果として肌荒れやニキビができやすくなります。
他にも、生活が不規則であったり夜型の生活が続くことも身体にとっては負担となりストレスになります。
特に、夜型の生活をしていると交感神経が優位になってしまい、腸の活動が十分に行われなくなり、便秘になりがちです。
便秘の状態が続いていると毒素や老廃物が身体の中に溜まってしまい、肌荒れやニキビだけでなく体調不良まで引き起こすことがあります。
ストレスが原因の場合には、自律神経を正常に働かせることが有効です。
自律神経を正常に働かせるためには、起床してすぐに太陽の光を浴びることです。
太陽の光には、自律神経を活性化させる働きだけでなく、交感神経と副交感神経の働きを正常化してくれます。
また、光を浴びて約15時間後に睡眠を促すホルモンが分泌されるため、夜になると眠くなり良質な睡眠を得られます。

2illust

ストレスで肌荒れしやすい場所は?

ストレスが原因の肌荒れは、あご周辺にが多く見られます。
ストレスを受けると、心身は緊張状態になり、交感神経が優位である状態を作り出します。
交感神経には、男性ホルモンの分泌を促す作用があるため、その状態が続くことで男性ホルモンの量が増え、皮脂分泌を過剰にします。
その結果、ニキビなどの肌荒れが起こりやすくなります。
また、ストレスは、ホルモンバランスを乱す原因にもなります。
ホルモンバランスを司る部位である脳の視床下部は、強いストレスを受け続けることによりうまくコントロールができなくなりホルモン分泌の命令が乱れてきます。
結果として、男性ホルモンの過剰分泌が発生し、ホルモンバランスが乱れます。
男性ホルモンの働きにより皮脂分泌が盛んになり、皮脂腺の多い場所であるあごや口周りが毛穴が詰まりやすくなります。
このようなことから、あご周辺はニキビなどの肌荒れが起こりやすいと考えられます。
あごや口周りの肌トラブルを予防するためには、ホルモンバランスを整える必要があります。
まずは、ストレスを解消するために、ストレッチやマッサージ、ジョギングなどの適度な運動や音楽など自分なりの気分転換を見つけてみましょう。

3illust

ストレスで肌荒れが顔に出る?

ストレスにより肌荒れが顔にも出てしまうことはよくあります。
過度なストレスは、ホルモンバランスに異常を起こすため、肌に影響を及ぼします。
突然、ニキビや吹き出物が発生する場合も、ストレスによる肌荒れが原因と考えられます。
顔は紫外線のダメージを受けやすいため、他の場所より肌荒れが起こりやすくなります。
皮膚も薄く、乾燥しやすいためバリア機能が低いのも原因でしょう。
ストレス過多の生活を送っている場合、まずは早寝早起きを意識してください。
美容というのは身体の内側から作られるものであり、スキンケアだけでは実現しません。
顔が年間を通して荒れているという方は、ターンオーバーや自律神経から整えていく必要があるのです。
ストレスというのは慢性化すると、自覚するのが難しくなります。
その状態が当たり前になってしまうため、ストレスを感じなくなります。
自覚できない人は少なくありませんが、顔の肌荒れが増えてきたら注意が必要でしょう。
そのまま放置しておくと黒ずみの原因にもなりますから、保湿ケアも徹底してください。
化粧水で十分に保湿しておけば、乾燥によるダメージを軽減できるでしょう。
肌を元気にするためにも、化粧水は多めに使用することが大切です。

4illust

ひどい肌荒れの対策方法は?

現代人の慢性病とも言われるストレスは、ひどい肌荒れの原因となる場合があります。
ひどい肌荒れもストレスの原因になり、悪循環にもなります。
まずストレスで現れる弊害のひとつに、睡眠不足があります。
睡眠不足は、肌荒れに直接的に結びつきます。
ゴールデンタイムと呼ばれる夜の10時から深夜2時の間に肌が生まれ変わるため、この時間帯の睡眠時間を確保しないと、肌荒れもなかなか解消してきません。
ベッドに入っても悩みごとや心配事があってなかなか眠れないということがないように、昼間にしっかり体を動かしたり夜寝る前にリラックスできる時間を確保して、質の良い十分な睡眠時間を取ることが求められます。
その他、ひどい肌荒れの原因として挙げられるのが食生活の偏りです。
偏った食生活は、肌にとっても好ましいことではありません。
肌や皮膚に必要なビタミンやミネラル、鉄分といった現代人が特に不足しがちな栄養素をしっかりと摂り、食生活を見直してみましょう。

5illust

ストレスと関係するもの

ストレスによって肌荒れが引き起こされることがありますが、実はイボができるという話も聞いたことがあります。
もしイボで悩んでいるなら、ストレスのチェックをしてみるといいかもしれません。
また、対策方法を知っていることで、安心した気持ちを得ることができるかもしれませんね。
対策に関してはこのサイトが役立ちました。